« 各駅停車で帰省 | トップページ | 秘められた恋 »

2019年4月10日 (水)

両毛線

残った青春18一回分、捨てるのは論外。そこで天候崩れる前に消化鉄道旅は

両毛線。車が有った頃は何度も行って居る。栃木や足利は馴染みだが、

桐生はハイキングに行っただけなので、今回は両毛線で馴染みの薄い

スポットを選んでの旅。

 

岩船(岩舟)、新潟と千葉にもあり、地蔵が有名。こちらは密教の霊場で

不動信仰も盛ん。山は岩石採取で様相が一変。

Dscn5410

桐生、市と繊維産業で栄えた街、見所多数で日帰り旅行にお薦め。

水道山、吾妻山、旧市街の重要建築物保存地区。駅付近に食事の

場所が無く、大変だった。

Dscn5464

Dscn5483

Dscn5627

 

 

 

伊勢崎、駅前から中心部、伊勢崎神社まで歩いたが、特色のない

地方都市、個人的感想。徒歩なんで、歩ける範囲は限られていた。

Dscn5698

Dscn5710

 

伊勢崎からは高崎経由で上野、ここで銭湯と夕食。煙草臭い飲み屋に

行っても仕方ない。

Dscn5744

 

 

 

 

 

 

« 各駅停車で帰省 | トップページ | 秘められた恋 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

両毛線の沿線は明治、大正、昭和初期の香りや佇まいが残っていますね、
良き時代の繁栄と小作農の悲哀の光と影も垣間見えます、
良い旅でしたね。懐かしい画像も見られ、ありがとう、

>Mさん
久し振りにちょっとだけハイキングの真似をしたので今でも脚が痛くて。上野の銭湯に行ったけど、余り疲れが取れなかった。

桐生、一度鳴神山に春に行ったのですが、その時は市街地を通過しただけ。歩いて見たら中々、見所一杯で、江戸時代からの
市場町、織物の町と発展し、それが今は歴史遺産として残っているのですね、興味深かったですよ。

栃木、佐野、足利は昔、歩いたので今回はカットしました。どちらも春には良い所ですね、低山歩きにぴったり。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 各駅停車で帰省 | トップページ | 秘められた恋 »