« アメリカの文豪作家に苛々 | トップページ | 天安門 »

2019年6月17日 (月)

植物の名

♪野に咲く花の名前はしらないけど♪、
別に困りませんよね。花、草で済む事。

 

昭和天皇が宮内庁職員が雑草云々と言った
事に対し、世に雑草と言う植物は無いと
おっしゃったそうです。

 

花や草木の名、中には一文字のものも
あり、葱は『き』、中世宮廷内の隠語では
一文字だったそうで、二文字は韮。

 

名前は他の物と区別すれば用が足るので
だから身近な物は短い、だが、特定、差別が
必要になるとどんどん長くなるのは必定。

 

結果、「竜宮の乙姫の元結の切り外し」と
言う海洋植物や、「浅黄毛長葉の立壺菫」や
「白花長葉の菫細辛」とかの名まで使われた。
散策の途中、ふと見つけた野草、雑草、庭の
花の名前を知るのも面白いかもしれない。

 

名前は体を表す、花木を観察すると何故そう
名づけられたのかの理由が分かるかもしれない。

 

植物蘊蓄の本でした。挿絵が鉛筆画であったり、
白黒写真だったので、ポケット版の野草図鑑を
傍に置いて読んでました。カラ-写真は最初の
4ペ-ジだけですが、無い訳でもありません。

 

藤井善晴
『ヘンな名前の植物』
化学同人

« アメリカの文豪作家に苛々 | トップページ | 天安門 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカの文豪作家に苛々 | トップページ | 天安門 »

フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30